世界の幅広い国で使う事ができる仮想通貨と電子マネーとの違い

投稿者: |

仮想通貨は、電子媒体の通貨ではあります。少なくとも紙幣や硬貨とは、性質が大きく異なるでしょう。紙幣などが発行される訳ではなく、原則として電子データで支払いする事になるからです。それだけに電子マネーと混同されている事もありますが、地域に関する大きな違いがあります。

電子マネーと仮想通貨という電子のお金

電子マネーは、お店での支払いに活用されている事も多いです。全体的にカード型の電子マネーが多く、お店にあるセンサーにタッチした時には、支払いの手続きを済ませることもできます。また自動改札機のゲートを開く時に、電子マネーが活用される事も多いです。
ところで電子のお金といえば、上述の仮想通貨もあります。コインという表現が使われる事もありますが、基本的には紙幣などは発行されません。まして硬貨もありませんし、ある意味電子マネーに似た一面はあります。しかし、両者は性質は微妙に異なる訳です。

カードは発行されない仮想通貨

そもそも電子マネーの場合は、まずカードも発行しなければなりません。交通機関で使用する電子マネーにしても、カード媒体になるでしょう。自動改札機の読み取りセンサーにカードをタッチして、ゲートが開閉する訳です。
それに対して仮想通貨の場合は、カードが発行される事もありません。カードというより、むしろWEB媒体のお金になります。スマホやパソコンなどで指定の手続きを行い、送金や決済や取引などに活用される事が多いです。

国内だけでなく幅広い国で活用できる仮想通貨

何よりも仮想通貨は、世界の幅広い国々で利用できます。国際的な通貨であると言われる事もありますが、海外に簡単に送金できるのは便利です。
海外に送金するなら、一応は両替サービスという方法もありますが、やや手間がかかります。手数料も高く付いてしまいますし、あまりおすすめできないという声も多いです。その点仮想通貨であれば、とても手軽に海外に送金できます。
それに対して電子マネーの場合は、原則として海外での支払いに使う事はできません。あくまでも、日本国内のみ利用できるマネーになります。クレジットカードのように、海外での支払いに活用する事はできませんから、注意が必要です。
それに対して仮想通貨であれば、海外にスピーディーに送金する事ができます。指定の手続きを踏むと、海外に即時送金する事もできます。
以上の点を考慮しますと、電子マネーよりは仮想通貨の方が便利という声も多いです。海外に送金したい時などは、やはり仮想通貨を活用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です